保証人相談所・体験記
 


 
保証人相談所・連帯保証人
 保証人コンテンツ ◇
top
conference1
(抗弁権)
conference2
conference3
(保証責任の範囲)
conference4
(根保証)
conference5
(相続)
conference6
(物上保証と相続)
conference7
 
連帯保証人
◇◇◇◇◇◇◇◇◇   

conference5(相続)

 父親が亡くなったため兄弟で父の遺産を相続することになりました。ただ、資産としてプラスな面だけでなく、マイナスな面もありました。借金はなかったのですが、連帯保証による保証債務もあることが分かったんです。こういった場合、保証債務も引き受けないといけないのでしょうか。

 遺産相続では、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(例:借入金や未払金、保証債務など)も相続しなければなりません。保証債務等が少額でプラス分でまかなっても充分おつりがくるときはいいのですが、保証債務が多額でプラス財産を上回るときは相続放棄(相続開始を知ってから3ケ月以内に申し立て)されることをお勧めします。プラス分はあるがマイナス分も相当ありそうなときには、限定承認(相続開始を知ってから3ケ月以内に相続人全員一致で申し立て)といった選択肢もございますので諦めるのはまだ早いです。